栞の家

人間は考える葦
日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

 機械の摩耗

 どこまでも澄んだ 
 海の青さを身体にうけとめながら
 海岸を歩いていると 
 うちあげられた機械に出会いました。


 機械は つぎはぎだらけで 
 白い筒状の管や黒い管が
 まにあわせたように 
 くっついていました。
 
 機械が泣いている 
 誰にも声をかけてもらえず 泣いている
 
 わなわなと 
 声にならない叫びが胸に響いてきました。
 
 時とともに摩耗する機械
 建物も電気がなければ
 ただの箱。

  ( 時代の変化の中 
      自然と共に続いている
                           海と共にある市場
          場所のよさを考えてほしい)2016・6・6日


☆約束

広島 長崎へ投下された原子爆弾。
現実 史実。



誰もが 苦しみを 引継ぎ 
自然への感謝を 伝えられているでしょうか!


重大な被害が生じる
具体的な危険が存在するとは 認められない。

            某 裁判所の判決。


           重大な被害が生じて
           具体的な危険が存在したときの
           責任は〇が取ると決める。
           誰も言わない 言えない。
      
      責任を確定できない しない
      約束できない してください
      実行できない してください。
      あいまいな 言葉は たまむし色
      
      できない約束は止めてください。
      すべての人が
      故郷へ帰れなくなる前に。


   映画 花戦さ

   映画のエンディング 琴の音色 
   誰一人席を立たない。
  
   背筋は まっすぐ
   姿勢の良い 身体からあふれる 心情
   涙と笑い 生き様に 
   心から ありがとうございます。
   
            野に咲く花 切り花 
                  活け花 映画の永久花
                    歴史と生活 
                  活き様が描かれていました

            おおきに。


                   
        話し合う     2017.6.3
                  これからの時を考える時
        先を読む先見の明が あるか無いか?
        公平さがあるか?


        独りよがりで
        命令するような
        はだかの 王様がいたら。
        まわりはつらい。
    
        無意識に 
        自分自身の気持ちを曲げない
        心地よさがあるのだろうか。
        未知の感情や恐怖から 解放されるのかな‥。

        神様(不思議なことが起きることがある)
        は いると信じている。


        未来へ⇒先人へ 想いを
                引き継ぐ 難しさ。
      
        話せず 気持ちを伝えられず
        ただただ 時が過ぎていくと。
        むなしくなるかも‥‥。
     
        話せて 気持ちを伝えあえる
        お互いを信頼できる 幸せの 時は 
        自分自身が築く。