栞の家

 人間は考える葦
☆日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

誰が決める?

猛暑・自然の驚異を受け止めながら 時が過ぎています。


最近思うこと
AIの話。話せば答えてくれるロボット
    賢くて すぐに答えが返ってくるかな?
    答えを考えているのは誰 間違うことはないのかな?
    決済できる便利カード
    工場で働く ロボット。
    AI 電話 パソコン カード決済等 
    電気が使えるから 利用できる!
    
              私は 誰かが決めた便利のなかから 
        私の 便利を選ぶ。


家電売り場へ行くと 両手を広げても届かない
大きなテレビが置かれている。
前にたつてみると
音 映像 細やかで迫力有
テレビにすいこまれていくようだ  ドキドキ。


今の私は 持ち運びのできる 
小さなテレビを そばに置いている。
見るテレビから 
ラジオのように聞けるテレビも 良いと思う。


秋の夜は ながい
誰かが決めた なにかに 巻き込まれていないかな?
はて? はて?と‥‥考えながら 
いつのまにかzZZ


今日から十一月
食欲の秋 
食べ過ぎないように(*^_^*)(^^♪



      絵空事・えそらごと

 休眠口座           長期間動きのない口座のこと
         (2018年1月 休眠貯金等 活用法により)
         銀行では   お金を出金した日
                定期預金の最後の満期日~10年
         郵便局では  5年以上預貯金の動きがなく 
                 本人と連絡がつかない 口座。
         権利が失われるのではなく 通帳 印鑑 本人確認後
         窓口で確認 出金対応できるようです。

         放置された銀行口座のお金を 社会のために
         有効活用する観点からとのことです。(ネット情報より)


                         お金を預けた人は
         5年後 10年後 放置している
         認識があるのかな?

         そのままになっていませんか?
         預けたお金を⇒再確認 
        


 電波        アナログから デジタル放送へ
         おおきくて綺麗に映るテレビより
         昔のテレビをみてみたい 
         目には 優しいように思う


        ☆電波に色がついていたら
         空気は何色になるのかな
         
         便利になれば なるほど
         いつのまにか 

         決まり事がふえ

         まとまる まとめることで

         窮屈になるような
         何かを忘れていくような


        
 絵空事 えそらごと           

   ☆井の外

           昨日は
         台風24号 日本列島縦断。
         今朝は嵐後の はれ。
         私が 小児病棟を退院した日も いい天気でした。
           
      十歳の夏休み 入院期間 一か月。


     入院前
     あたりまえのように 食事をし
     あたりまえのように 学校へ通い
     あたりまえのように 話せ
     笑え 泣けた その場所は 井。


     小児病棟は 
     はじめて 知った 井の外。
     自分の 気持ちとか 想いだけで 
     暮らせない事を知った場所。
     
     井の中 井の外
     自分の意志 気持ち 日々の暮らし
     生活 今はいま 今に感謝!



☆井の中        2018.1.22
蛙大海を知らず。 
周りが みえなくなっていることに 
気が付かない 他を知らない‥‥。


誰かと時を  共にしたい。
誰かと想いを 共有したい。
何だか 説明できないけれど 一緒に居たいのは

たぶん それぞれ 違った人格の中に 共通できる
何か⇒ 安心感や信頼感 が あるから。
話せば解ってくれると想えるから⇒居れる。


最近身近な存在の人が
一途に計画をし(事業) 
事をはじめる と相談されたとき
違和感を覚え 辞めた方がいいと考え 
伝えても 伝えても 押し通すとき 
どうすれば 良いのかな‥‥


自分が自立できていないと 離れられない‥‥。


過去 
    現在 
        迷いと  
             選択の日々が重なりあって
                                              今日に成り        

                                              未来へ繫がる。