栞の家

人間は考える葦
日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

改正法施行 太陽光発電

時が過ぎ 法律を変えるのもいい
ただ 約束の範囲が広くなり 施工主の負担が増えることにならないかな?
最新の 接続契約 要注意!


太陽光発電 経済産業省   2017.5.30


再生可能エネルギー 
平成29年4月1日から固定買取制度が変わる。

(改正法施行後買い取り制度が変わる)


産業用の太陽光発電を はじめようとしている社長様の話を聞き
インターネットや新聞で 調べてきました。


調べていて 感じた事は 法律の決め方 変化
      最新情報では
すべての *平成29年3月31日までに接続契約をしない場合
      現行制度での認定失効

     *接続契約 工事負担金 6月30日までに支払い
     *土地・建物 共有の場合 同意書が必要‥‥他
     *家庭用の太陽光発電への制度も微妙に変わっているような?
      確認の必要があるときは⇒経済産業省・最新情報を再読


      これからは 契約確認されるような気がする。
      買い取り価格の変更 固定資産税 蓄電池の設置 天候
      装置への保険項目 制度変更 情報入手。
      
      平成29年 今から 産業用太陽光発電をすることが
      会社の事業を展開 発展に寄与できるのか?
      これからの太陽光発電 すべてを 電気に代えて
      安全な利用で 安心な暮らしができますように。


  安全

   技術の発達と進歩は商品を 新しく変化させる。
   LED電球 使用時間 電力消費 今までの商品以上。
   ただ 照明器具の方式で過剰電流が流れることがあるらしい


   安全でしたが 想定外の状況‥‥
   福島の原子力発電所の 今は どうなっているのか。
    
    対応年数を越えていることを知りながら
        停止していた機械を 再稼働

    空気や土は黙して語らず 拡散してもわからない。
    


LED電球の取り換え 注意!   2017.3.26


先日 某新聞記事に 電球を取り換えるときの注意が書かれていた。
インターネットでLED電球・発火で調べてみました。
蛍光灯の照明器具には点灯方式に スタータ型
                ラビットスタート型

                電子式 が あるそうです。
蛍光灯照明器具に方式の違うものを取り付けると
  蛍光灯では出火の可能性はないが 
  直管LEDランプでは過剰電流が流れ
最悪 発火 するらしいと書いてあった
電気店へ行くと
電力消費と 耐久性がある  LED電球が たくさん並んでいた。
 白熱電球は置かれてあるかなと とまどった。
LED電球  従来品より80パーセント電力削減。


注意点
照明器具 口金には E26/E17がある。
たぶん 今までの建築では 白熱電灯用の口金だと思う。
①白熱電球とLED電球の重さの違い⇒取り替えた後のバランスに注意
②多くのLEDは調光器がつながっている照明器具には使えない
③照明をカバーで覆うタイプ
 発光する電流により 発熱注意
照明器具は 
使用可能のプラグ・コードランプとワット数が記載されたシールが貼ってある。


口金が合えば LED電球に取り換えて 100パーセント大丈夫なのか?
口金が合っても 最新のLEDは 昔型だと無理があるのか?


今回は 今まで使っていた 白熱電球を購入した。
(白熱電球 製造中止は待ってほしい)


商品は最高 でも 接続機器とか 周りも考えないと‥‥。
LED電球⇒条件に合った口金に接続確認。
電球を取り換えるときは⇒自己責任。


太陽光 宴のあと

某 新聞記事 5月13日 記事の一部です。
高額で売電できる権利を保有するだけで、ビジネスを手掛けない事業者を排除する
法改正が4月に施工。合計2800万キロワットの電力計画が失効した。
売電契約を結べず
実際に家庭へ届ける*配電会社と、*社はつくった電気を売る契約をむすべなかった。
*社の売電計画は失効した。

・・・続。


私は 友達から家庭用太陽光設置を相談されたとき
   産業用の太陽光発電の買い取りもいいけれど
   新聞記事を読み
   家庭用の屋根に太陽光発電の補助額を増やし
   自家電気にするといいなと思った。
   でも
   そうなったら⇒電気料金を支払う戸数が減る
           利益減⇒雇用が少なくなる⇒困ると思いました。


   産業用太陽光発電事業がはじまり 五年余
   人口減少 産業の変化 ネット社会
   家庭用太陽光の増設は必要だと思う。
   (自然災害で崩壊するかもしれない 便利さと共存できない)
   
    太陽光発電
            新聞等のニュースでは解らない 予想と違う出来事
    パネル発電量 保険対象他
    設置後に 困ったことが起きた時は
    自社・自己責任なのでしょうか?

    太陽光発電の現状について
    コメントがありましたら、よろしくお願いします。