栞の家

 人間は考える葦
☆日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

   映画 花戦さ

   映画のエンディング 琴の音色 
   誰一人席を立たない。
  
   背筋は まっすぐ
   姿勢の良い 身体からあふれる 心情
   涙と笑い 生き様に 
   心から ありがとうございます。
   
            野に咲く花 切り花 
                  活け花 映画の永久花
                    歴史と生活 
                  活き様が描かれていました

            おおきに。


                   
        話し合う     2017.6.3
                  これからの時を考える時
        先を読む先見の明が あるか無いか?
        公平さがあるか?


        独りよがりで
        命令するような
        はだかの 王様がいたら。
        まわりはつらい。
    
        無意識に 
        自分自身の気持ちを曲げない
        心地よさがあるのだろうか。
        未知の感情や恐怖から 解放されるのかな‥。

        神様(不思議なことが起きることがある)
        は いると信じている。


        未来へ⇒先人へ 想いを
                引き継ぐ 難しさ。
      
        話せず 気持ちを伝えられず
        ただただ 時が過ぎていくと。
        むなしくなるかも‥‥。
     
        話せて 気持ちを伝えあえる
        お互いを信頼できる 幸せの 時は 
        自分自身が築く。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。