栞の家

 人間は考える葦
☆日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

改正法施行 太陽光発電

時が過ぎ 法律を変えるのもいい
ただ 約束の範囲が広くなり 施工主の負担が増えることにならないかな?
最新の 接続契約 要注意!


太陽光発電 経済産業省   2017.5.30


再生可能エネルギー 
平成29年4月1日から固定買取制度が変わる。

(改正法施行後買い取り制度が変わる)


産業用の太陽光発電を はじめようとしている社長様の話を聞き
インターネットや新聞で 調べてきました。


調べていて 感じた事は 法律の決め方 変化
      最新情報では
すべての *平成29年3月31日までに接続契約をしない場合
      現行制度での認定失効

     *接続契約 工事負担金 6月30日までに支払い
     *土地・建物 共有の場合 同意書が必要‥‥他
     *家庭用の太陽光発電への制度も微妙に変わっているような?
      確認の必要があるときは⇒経済産業省・最新情報を再読


      これからは 契約確認されるような気がする。
      買い取り価格の変更 固定資産税 蓄電池の設置 天候
      装置への保険項目 制度変更 情報入手。
      
      平成29年 今から 産業用太陽光発電をすることが
      会社の事業を展開 発展に寄与できるのか?
      これからの太陽光発電 すべてを 電気に代えて
      安全な利用で 安心な暮らしができますように。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。