栞の家

 人間は考える葦
☆日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

  ☆ちょっと 貯金 

 二月になりました。
 (ちょっと貯金・四か月後の報告) 
 
 食費は、自分で考えて使える🏁。
 一日の食費を考えるとき
 食材購入か⇒お弁当  どこでいつ買うか 考えた。


 ただなんとなく、ほしいから買うことを辞めた。


 一日の食費に使える金額を決めて、野菜、果物。
 いろんな食材を食べるようにした。


 自分的には ちょっと 貯金は(^_-)-☆
 ただ予定は未定 お正月とかいろんな出費が重なりトントン。
 
 ちょっとが重なり 使うことができる 良い。
 ちょっと貯金は( ・∀・)イイ!!。
 
 
☆彡ちょっと 貯金     2016・10・26日
 通信教育と過去問題、二回の受験で
 ファイナンシャルプランナー三級に合格。 
 知らないことを学ぶことは、自分の生活や暮らし方を考える留になっています。
 
 学びながら 考えたことは 働く 稼ぐ。 命ある限り生きぬく。
              何に いくらお金を使っているか知ること。
  


 一人・ひとり みな暮らし方が違っているので そのなかでどう暮らすか。
 自分自身で 幸の 在り方をきめ 進む方向を向くこと。
 
 すべてのことは 約束や信用で成っているので
 自分自身 できる限り 約束を守りたい。
 信用を たいせつにしたいと想いました。
 
        予定は未定。 
                 変化があるのは自然。
        

                             気持ちを強く持ち 越えて往く。
                 借りる・貯める・使う 
        
                             考えることを楽しみながら
                 ちょっと 貯金を

               
         はじめようかな ^^) _旦~~
   


100年定期貯金      2016.10.26

 超定期100年満期の定期保険の話。
 
 大正4年・1915年に募集した定期預金が、
 平成27年2・015年に満期となり
 預金証書を受け継いだ子孫が問い合わせた。
(某新聞記事より)
 
 預けた金額の300倍超えになり、
                預けていた1円は100年後に339円‥‥。
 インターネットで大正15年の初任給で検索すると、
 考えられないくらいの金額!
           今の1円は買い物の端数、おつりの感覚でしか無い。


 「これからの5年、10年先お金の価値はどうなるのかな?」
 「消費税が8パーセントになって、お菓子や嗜好品が高くなっている」
 「満期のある、定期貯金を100万円預けて、
                  受け取るとき何が買えるか
‥‥」
       当時は年利6パーセント福利計算。
       今では考えられない高金利。

  お金があれば貯金もいいけれど、欲しい商品を買いたい。
   まずは倹約をして貯めてから‥
            と現実にもどりました。


  今年は皆様と、話題を共有できるといいな。
  宜しくお願いします。
  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。