栞の家

 人間は考える葦
☆日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

☆安全の約束

安全の約束は 自然災害や建物強度で 崩れることが判った。


それなのに おおぜいの人を巻き込み 約束を反故にして ことがはじまる。


セメンの 対応年数。 電気系統の配線 対応年数。


ど素人でも 長年使っている コードの摩耗に気が付けば 買い替える。


☆もしかしたら 停止後の処理ができないのではと考えたりする‥‥。
 汚染された水を 海に流さないための 壁はどうなったのか?
 
 今も汚染された土や 海水は 増えているのだろうか
 日本が 海水を汚している‥‥。
 
 専門家の人は 崩壊の危険と 汚染対策」に声をあげてほしい
 対策は 早いほうがいい


 故郷へ帰れないのは 先にある 健康被害。
 すべての人が抱えながら 暮らしている。


 事が起きた時 安全を求め 飛行機で海外へと帰った人 人 人。
 棄てて 帰れる場所の 在る人は 逃げた。
 
 私に帰れる 場所はない‥‥。


 









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。