栞の家

 人間は考える葦
☆日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

  舞台裏

   先日、週刊〇〇の「輝ける20世紀」探訪誌  
   60周年記念記事 を購入しました。


   誕生して60年・記事には、還暦の重みがありました。

   スタート呼ばれ、時代に求められた人々の日常の写真。

   
   今だから語れる話。


   記事の中で「大人にならない薬」には驚きました。


   「‥‥さすがに いやだ ときっぱり断りました」
   
   「‥‥今 ようやく自分が歌いたい歌を、
  
    楽しく歌える時間がありますから。
        
               嘘偽りなく、売れていたあの頃より、
                             今の方がずっと幸だと断言できます」
                                     玉元 晃


      自分の 心柱を持った 晃氏の言葉 👏


      どちらの方向にも顔を向けないで、
         バランスを取りながらの記事に👏


                  ☆切磋琢磨・春夏秋冬・季節は廻る。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。