栞の家

 人間は考える葦
☆日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

国との約束 年金受給 60歳

冬空の公園 久しぶりに日差しが暖かい
さんぽの途中で ベンチに座って空を見ていたら
隣に 手押し車を押した おばあちゃんがちょこんと 座った
おばあちゃんは空を見ながら ため息をついた
「ふーっ」
「どうしたんですか?」つい声をかけてしまった。


「今の若い子は 年金を60歳からうけとれないんだね」という
「そうみたいですね、今はゆっくり65歳からと聞きました」
 友達のお父さんが 退職から5年間 
 どうやって暮らそうか悩んでいることを 聞いて知っていた。


うちの子は 子供が生まれるのが遅くて 貯蓄が無いんですよ
 私も暮らしていくのに 精いっぱい 住んでいる家の修理もできない」

 そのあとも はじめてお会いした おばあちゃんの話は続いた。
 国の約束って何だろうと
 

 約束通り 年金が60歳から受け取ることができたら
 歳を重ねることへの心配が少なくなり 
 買い物も 楽しめる。

 
 財源がないので 平均寿命が延びているから 
 年金支給を70歳からにの案がでているような‥‥
 国民が納めた 財源を まとめて管理できない理由は何だろう?



 約束を反故にされると 不信感が残る
 
将来の不安から 購買意欲は減るとおもう。
 難しいことは 解らないけど‥‥
 65歳からに決めたのは?
 選挙で選ばれた 議員の誰か?。  


 約束を信じ 国民年金 厚生年金を納めている人の
 気持ちになって 65歳から支給は 厳守 希望。


 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。