栞の家

言葉に出せない想い、詩。生活情報。

太陽光 宴のあと

某 新聞記事 5月13日 記事の一部です。
高額で売電できる権利を保有するだけで、ビジネスを手掛けない事業者を排除する
法改正が4月に施工。合計2800万キロワットの電力計画が失効した。
売電契約を結べず
実際に家庭へ届ける*配電会社と、*社はつくった電気を売る契約をむすべなかった。
*社の売電計画は失効した。

・・・続。


私は 友達から家庭用太陽光設置を相談されたとき
   産業用の太陽光発電の買い取りもいいけれど
   新聞記事を読み
   家庭用の屋根に太陽光発電の補助額を増やし
   自家電気にするといいなと思った。
   でも
   そうなったら⇒電気料金を支払う戸数が減る
           利益減⇒雇用が少なくなる⇒困ると思いました。


   産業用太陽光発電事業がはじまり 五年余
   人口減少 産業の変化 ネット社会
   家庭用太陽光の増設は必要だと思う。
   (自然災害で崩壊するかもしれない 便利さと共存できない)
   
    太陽光発電
            新聞等のニュースでは解らない 予想と違う出来事
    パネル発電量 保険対象他
    設置後に 困ったことが起きた時は
    自社・自己責任なのでしょうか?

    太陽光発電の現状について
    コメントがありましたら、よろしくお願いします。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。