☆栞の家

 人間は考える葦
☆日常のおもい 想い 思い 重い 飯井。

   篤い夏

      30年ぶりの 猛暑。
                   気温 40度 体温より暑い。


     違っていくのは 空気。
     環境汚染 放射能 いつのまにか我が身。
     
     広島 長崎 史実真実。 
     


                篤い夏。                                          2017.8.14
     伝え続けることで 伝わる心。



       夏                  2016.8.12


                                            仕事の都合で お盆休みは無く。
                   毎年 時間をみつけて 公園を散歩。


 
                            幼いころから お婆ちゃんや母から
                      
          「お盆は あの世へ逝かれた 
                   
御先祖様の魂がかえってこられる日 
          
海や川へ 入らないように
          足を引っ張られる」と言われた。


        ( 私的には 暑い夏 ひんやり水・海水の
                                              気持ちよさに夢中になり
                       波や深さの 感覚が鈍くなるから
                             危ないと思った)


        むかしは やせた畑で 耕しても耕しても 
        収穫できない作物・食べ物

        お盆と お正月 特別な月だったと思う。
 
          時代は変化し お盆は
          個人を偲びながらの 仕事や レジャー 
          自由な時間になっているようだ。



         みんみん 
         しゃんしゃんとなく
             蝉のこえを
             庭先で聞きながら
         今年も 先行き人を 偲ぶ。

                
     (空気中や海水に漂う 放射能が
            これ以上濃くならないことを願いながら)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。